おおやようこの自転車×ヨガ

ロードバイク乗りでヨガインストラクターの大宅陽子のブログです。

【御殿場発着ライド】箱根の甘酒茶屋と芦ノ湖遊歩道【その3】

御殿場発着ライドシリーズ第3弾。

道の駅ふじおやまから乙女峠を上り、富士見茶屋で団子を食べ、

www.oyayoko.com

↓宮ノ下から箱根5区の後半をヒルクライム。そして箱根の関所へ。

www.oyayoko.com

その続きです。さて、小腹がすいたので、以前から行ってみたかったところへ。

来た道を戻り、箱根七曲りへ。下ること数km。

f:id:oyayoko:20180928153756j:plain

あった!

ずっと気になっていた『箱根二子山 甘酒茶屋』へ着きました。

MELODYPUNCHの神奈川在住メンバーの方々がヒルクライム後に寄っている投稿を前々から目にしていて、ずっと気になっていました。

f:id:oyayoko:20180928153759j:plain

入口

夏だったので気温が高かったのですが、木々に覆われ、涼やかな雰囲気。

f:id:oyayoko:20180928153805j:plain

金魚

f:id:oyayoko:20180928153802j:plain

大名も立ち寄った甘酒茶屋

早速中へ入ってみました。中は土間になっているので、土足OKです。入口も開かれていて、サイクリストも気楽に入れます。

茶屋のお姉さんに「自転車で来たの!こんな細い体で?すごいねぇー!」と歓迎してもらえました。声をかけてもらえると嬉しいですね。一人でしたが、気持ちが緩みました。

f:id:oyayoko:20180928153830j:plain

ちょっと薄暗くて落ち着く

f:id:oyayoko:20180928153825j:plain

下は土

f:id:oyayoko:20180928153832j:plain

お座敷もあります。冬の囲炉裏はよいでしょうね(*´ω`)

f:id:oyayoko:20180928153808j:plain

冷やし甘酒と力餅

夏限定のやし甘酒と、力餅にしました。

実は私、甘酒が苦手です。あの強い香りと甘ったるい味が辛いんです。

でも、甘酒茶屋の甘酒はさらっとしていて香りもまろやか。甘さも控えめ。冷たいということもあり、ごくごくと飲めました。この味ならまた飲みたい。

HPを見てみると、お砂糖は不使用なのだそうです。それでも甘くて美味しかったです。甘酒は「飲む点滴」とも言われ、疲労回復の効果もあるそうです。昔の人たちは箱根の関所まであと少し、というところでお茶屋さんに寄り、甘酒で精をつけたのでしょう。お餅もモチモチしていて美味しかったです。

今度は箱根湯本から七曲りを上ってから寄りたいな、と思いました。

www.amasake-chaya.jp

↓お品書きもありました。

箱根 二子山 甘酒茶屋のお品書き

さてさて、おなかがいっぱいになったところで、

f:id:oyayoko:20180928153812j:plain

芦ノ湖へ上り返します

箱根の関所は芦ノ湖突き当りから左へ行きましたが、今度は芦ノ湖へ突き当たる手前を右へ。

f:id:oyayoko:20180928153815j:plain

芦ノ湖

どうやら細い道が湖沿いにずっと続いているようなのです。

f:id:oyayoko:20180928153818j:plain

歩行者もいるのでゆっくりゆっくり

f:id:oyayoko:20180928153821j:plain

林道のような澄んだ空気

さっきまで人や車でごった返し、賑わっていたのが嘘のように静かな遊歩道がありました。散策をしていらっしゃる方もいるので、驚かせないように、静かな空気を味わうようにゆっくりと走りました。たまに左手に芦ノ湖が姿を見せます。

舗装路なのですが、車が入らないので木の枝などが多く落ちていますので行かれる方はお気を付けを。

しばらく進むと、船着き場へ出ました。

f:id:oyayoko:20180928163820j:plain

撮ってもらいました

観光地から離れ、静かな芦ノ湖を堪能。さてさて、道の駅ふじおやまへ帰らねば。

続きます。

 ↓砂糖不使用の甘酒