おおやようこの自転車×ヨガ

ロードバイク乗りでヨガインストラクターの大宅陽子のブログです。

【サイスポ.jp連載】ビアンキ愛に溢れるチーム『Ride on Bianchi』について

“Bianchi”

ビアンキはイタリアの自転車メーカーです。現存する中では世界最古の自転車メーカーであり、130年以上の歴史があります。

クラシックバイクも根強い人気があります。

現在はロード、クロスバイク、MTB等幅広い車種が販売されています。

伝説のクライマー、マルコ・パンターニが駆っていたいたことでも有名です。

最近だと『弱虫ペダル』の荒北君が乗っていることをきっかけに同じバイクを購入し、自転車ライフをスタートさせる人も少なくありません。

おしゃれなバックパックなどのアイテムも豊富です。あのチェレステカラーにぐっとくる人も多いと思います。

ビアンキっていいですよね。

www.japan.bianchi.com

そんなビアンキをこよなく愛する人達が集まったチーム、それが

『Ride on Bianchiです。

www.cyclesports.jp

f:id:oyayoko:20180904203753j:plain

ところで皆さん、って相対的なものだと思いますか?それとも絶対的なものだと思いますか?

私は絶対的なものだと思っています。

「何をいきなり言い出すのだ」という話ですが、少なくとも、自分の愛車や、対象にかける想いは、他者と比較するものではないと思うんです。

「自分の愛車が好き」「ビアンキが好き」「走ることが好き」

自分が好きなら、人と比べて優劣をつける必要なんてないんです。

当然のことです。

当然のことなんですが、無意識に自転車のグレードやファン歴などを相手と比較しながら(←ここが重要です)アピールする人がいたり、それを察して「自分はそこまでではないので…」と謙遜する人がいたりするものです。

ビアンキ縛りのチームってどんな感じなのか…。でも、そんな懸念は一切必要ありません。

 自己紹介では皆、自分のビアンキ愛の深さを語り、皆それに感嘆し、歓迎する。そして、ビギナーも超ウェルカム。みんなそれぞれの愛があります。

ついでに言えば、チームに入ってからビアンキ以外のメーカーのバイクを購入している人ももちろんいます。で「そっちの方が乗りやすい」とか言っちゃいます。それもみんなで笑い飛ばしてしまうくらい、緩やかで懐の広いビアンキがそこにはありました。

全然ビアンキで縛っていません、緩々です(ライドは原則ビアンキバイクオンリーです)。でも、やっぱり、ビアンキが好き。ビアンキで繋がった仲間が、チームが好き。その気持ちはみんな一緒です。すごく心地よい。

因みに私も1台目の自転車はビアンキのLUPOです。今でも私の相棒として活躍中です。この取材はビアンキを持っていきました。同じくLUPOで来た方がいらっしゃったり、同じモデルでも年度やカスタムが違ったり。見ているのも面白く、話をするのも興味深く、バイクをずらっと並べると壮観。ライド中も注目を浴びていました。

共通のテーマで集まるってこんなに楽しいことなんだなって思いました。そして、チームを楽しく、みんなが心地よく過ごせる場にしたい、という思いが皆さんからちゃんと伝わってきて、とても安心できる雰囲気が漂っていました。

ビアンキ愛をお持ちの方は、ぜひFacebookグループに入ってみてください。ビアンキのバイクを持っていなくても、ビアンキ愛があれば加入可能との事。グループの投稿も「とても楽しそうで、見ていると元気が出る」とみんな口々に言っていました。そして、機会があればぜひライドにも参加してみてはいかがでしょうか(*´ω`*)

www.cyclesports.jp

↓荒北くん!

 

↓本格的グッズも普段使いグッズも充実のビアンキ