おおやようこの自転車×ヨガ

ロードバイク乗りでヨガインストラクターの大宅陽子のブログです。

YONEXのCARBONEXを購入した理由とインプレ第1弾

f:id:oyayoko:20180512122036j:plain

待ってたよ、CARBONEX!!

フレームを買いました。我が家に来て約10日。山3回、平地1回実走をしたのでブログを書くことにしました。

一応フレーム購入までの流れを。今まで使っていたフレームはcannondale supersix5 105、2012年モデルを完成車で購入し、使用していました。

2012' Cannondale SUPERSIX 5 105 -(新潟の自転車のプロショップ-佐々木輪店)

独身時代にボーナスが出る度にコンポを載せ替え、ホイールを替え…今年の段階で完成車で残っているのはフレームのみの状態でした。5年以上愛用し、何百回と輪行を繰り返していたこともあり、フレームには小さなクラックらしき傷もでき、そろそろ買い替えかな…と1年くらい前から考えていました。

では、どのフレームにするのか。

①フレームのジオメトリがsupersixと近いもの

②できれば乗り心地も大きく変わらない方が良い

デュラエースDi2は載せ替えるため、フレームセット

④カラーリングは青系

⑤高くても、納得できるものを大切に長く使う

の5点から考えました。

①supersixでポジションが出ていたので、ジオメトリが近いものを探しました。尚且つ好みとしてはスローピングがきつすぎないものが好みでした。

②乗り心地は、色々な人にフレームのインプレを聞きました。supersixは結構硬い部類とのこと。確かに人と交換して乗ると走り心地が全然違うことに驚きます。フレームサイズが小さいから尚更なのかもしれません。特に気になっていたYONEXは購入前に森本さんと猪野監督から直接話を伺うことができ、かなり惹かれていました。「踏めるのに脚が残る」ってどういうこと?と。

③コンポはまだまだ使えるのでバッテリーを内蔵型に買い換えて継続使用することに。

④イメチェンも考えましたが、青系がなんだかしっくりくるので。

⑤書いた通り、納得できるものを大切に長く使うつもりでいました。納得できないフレームだと、乗るときも気持ちが上がらないので。乗るときの気持ちが上がる→このフレームの為に働こう、頑張ろう!という社会人としてもプラスの心の循環が生まれます。

因みに、購入前にCARBONEXの試乗はしていません。今までカーボンのロードバイクはsupersix1台しか乗りこんできていない自分が数分乗った時に感じるものよりも、ニセコHANAZONOヒルクライムで森本さんから伺ったお話と、チャリダー★の収録終わりに猪野さんから伺ったお話。お2人の言葉とそれを話している表情を拝見して、後悔はしないな、と思いました。そんな贅沢なインプレを聞けて本当に良かったです。

という流れで、フレームの購入を決めたのは1月下旬。ほぼ受注生産形式で1か月に生産できる数が決まっているとのことで、3月下旬納期となりました。

首を長ーくして待つこと2か月。お店にフレームが届きました。

f:id:oyayoko:20180512122050j:plain

中まで美しい

指2本で軽々持てるほどに軽い650gのフレーム。そして、美しい。BBを圧入する前に中をのぞき込むと、滑らかなカーボンの層が美しく光っていました。なんだかもうこれだけで、購入したことに大満足。日本のメーカー、今までカーボンを取り扱ってきたメーカーです。フレームへの信頼感がさらに高まりました。

組み換える際に必要になるBBやシートポスト(径が変わったため)、内蔵バッテリー等々をお店で取り寄せていただきました。

パーツが揃い、4月下旬に組み替えていただきました。

f:id:oyayoko:20180512122043j:plain

なんだかすごく速いのですが…

家に来た翌日、奥武蔵グリーンラインへ。いつものコース(上りは頑張り、下りは飛ばさず安全走行のアップダウン)でシェイクダウン。鎌北湖からの上り区間で「うわー!軽い軽い!」と調子にのりすぎてがんがん踏んで数キロで脚を終わらせてみたり(それでもいつもより速い)、下りの安定感に驚いたり。「しなるってこういうこと!?」とはしゃいだり。色々と感触を試しながら走っているので、ペースは適当に。ゴールしてみるといつもは90分程度のコースで、84分。…ん?!あっけなく大幅にペース更新。

f:id:oyayoko:20180512122039j:plain

もう1本いっとく?

なんだか脚が余っている感覚もあり、せっかくだから脚を使い切ろうと下って自販機でチャージして即白石峠TT。さすがにハンガーノック気味で30分さえ切れませんでしたが、いつもなら上る気にもならない白石峠を即上り返すモチベーションにさせてくれたのは、間違いなくCARBONEXです。

因みに、supersixよりしなる、と私は感じましたが、他のバイクに乗っている人からすると硬いようです。個人的にはsupersixから乗り換えて全く違和感がなく、同じ傾向のフレームで、軽くなり、しなるけれど伝えた力が速さになる適度な硬さがあり、下りがより安定しました。そのままスペックが上がっている感じで、とても乗りやすいです。

身長は161cmで、フレームサイズはXXS。ベントフォークにしました。

詳細は下記リンクからどうぞ

CARBONEX | YONEX ROAD BIKE(ヨネックスロードバイク)

あと、HPで見たときは正直「テニスラケット感」があり、現物はどうだろう…と少し不安に思ったのですが、私は現物のフレームを見たとき、美しさにぐっときました。美しいですよ。デザインも良いと思いました。個人の好みですが、この深い色は私はとても好きです。

これからがんがん走っていきたいと思います!そして、このバイクで走ることの喜びを糧に、お仕事でもフレーム&パーツ分の稼ぎがちゃんと上乗せできるように頑張ります…(*´ω`*)!!