おおやようこの自転車×ヨガ

ロードバイク乗りでヨガインストラクターの大宅陽子のブログです。

【荒サイ用語辞典】秋ヶ瀬公園の自販機(S谷先輩と物見山練)

さてさて、第2回荒サイ用語辞典です。

第1回はこちら↓

www.oyayoko.com

今日はS谷先輩と物見山まで走ってきました。S谷先輩とはMELODY PUNCH(通称メロパン)のチームメイトです。時々練習相手をしてくださいます(練習と言ってもほぼ全牽きしていただいておりますが…)。いつもお世話になっております。

さて、荒サイのいつものところで合流してスタート。今日はやや風があり、速度だけで見るとそこまでではありません。が、パワーはいい感じにテンポ走~FTP超え。先日パイオニアにごはんをあげてからパワーを見て練習をしていたので、今日はいつもよりは心拍に余裕があります。よし!途中2度ほどS谷先輩が「前いきます?」と言ってくださったので、前へ。パワーを見ている私は身の程を知っているので、速度には惑わされずLT~VO2MAXで巡行(あれ?身の程は?)。大丈夫です、S谷先輩は私の後ろだと暇すぎるので、私の出力が下がるとすぐ前に出てくださいます。優しい。

途中S谷先輩が咳をしているので信号待ちで「風邪ですか?苦しそう」と伝えたところ、信号が変わった後の出力が30wほどアップ。「”ペース遅いよ”という意味じゃないんですごめんなさい!」と脳内で騒ぎつつ千切れないようにがしがし。次の信号待ちで「さっきまでのペースでFTPあたりをうろうろしています」と伝えたところ、ペースがもとに戻りました。出力分かるの大事。出力で伝えられるのとても大事。S谷先輩すみませんでした。その後も数回千切れそうになりながらも、ひとつまみの余裕をもって物見山へ。といっても大東文化大学の前の坂、通称・大東坂を上って、岩殿観音前で折り返します。大東坂はベストタイム+8秒。ホイールも重いので妥当かな。

f:id:oyayoko:20180208162716j:plain

写真を撮っている場所は物見山ではないらしい

物見山へ向かって走ってきたけれど、物見山は回らず帰ります。帰りもいいペースで走り、途中からは流してS谷先輩とおしゃべりしながら秋ヶ瀬公園の自販機へ。

 

 ↑赤いピンのところです。

アイスの自販機が設置されたのは2017年。それ以来、私の密かな楽しみとなっています。しかし、さすがに冬なのでそれほど利用せず。今日は冬にしてはぽかぽか陽気だったのでラインナップを見ていると、S谷先輩がやや怪訝そうに「アイス食べるんですか?」と。その場では遠慮気味にふるまいましたが、その後、S谷先輩が場を離れたタイミングで、

f:id:oyayoko:20180208163557j:plain

見ちゃうよね

 

f:id:oyayoko:20180208163604j:plain

わーい!!

クランキーを買いました。

f:id:oyayoko:20180208163609j:plain

ドクターペッパーはラインナップからなくなりました

S谷先輩は寒いのでほうじ茶だそうです。久しぶりのアイスは美味しかったです。

f:id:oyayoko:20180208163612j:plain

おいしいおいしい♪

f:id:oyayoko:20180208163615j:plain

今は封印されている脚

S谷先輩は美脚です。FTPが私より100高いので、春先までには差を縮められるように頑張ろうと思いました。今日もありがとうございました!